• Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE
  • Load image into Gallery viewer, Basia SAX BLUE

Basia SAX BLUE

NEW
Regular price
¥28,600 (tax inc.)
Sale price
¥28,600
Regular price
SOLD OUT
Unit price
per 

23'-24'Wind&Snow Season

シーズンテーマ "Walk out to winter"

パンクロックの終焉が近づいた1980年代初頭のイギリスから生まれた音楽カルチャー「Neo Accoustic」。パンクのDIY精神を継承し、ドライで洗練された新しい感覚のアコースティックサウンドを奏でるアーティストが多く出現した。
そんなバンドの一つにロディフレイム率いるAztec Cameraがいる。彼らの傑作1stアルバムの中にWalk out to winterという曲があるのだが、これは、寒い冬に敢えて外に出ようとする決意の歌であり、歌詞の中に、「ジョーストラマーのポスターは君の部屋の壁から剥げ落ちてしまったね」と、パンクはもう終わったと揶揄している。パンクの終焉から新しい音楽を模索していたロディフレイムが、ハードでメッセージ性の強いパンクロックの対極にある、センチメンタルでメロディアスなアコースティックサウンドを目指した19歳の覚悟でもある。 

今回AORは、それら当時のムードをイメージし、現代の解釈で衣服というコンテンツに落とし込み、センチメンタルで洗練されたコレクションです。

AORは常に洗練された音楽と共にあります。


イタリアのALBINI社のセカンドラインであるALBIATEのアメリカンオックスフォードを採用したレギュラーカラーシャツ。深いラウンドテールでガゼット仕様になっている。

サイズ1 サイズ2 サイズ3 サイズ4 サイズ5
着丈 83 - 88 - 93
肩幅 64 - 67 - 70
身幅 71 - 75.5 - 80
袖丈 51.5 - 57 - 60.5


COTTON 100% 

Men's Model Size5
Men's Model Height 186cm
Women's Model Height 170cm

品番10-22310410
商品の計測はcm単位です。

平置き計測です。
同商品でも、生産の過程で個体差が生じる場合があります。

恐れ入りますが、こちらの商品は試着機能をご利用できません。